サイトのお問い合わせはこちらから
HOME > EPA の健康貢献

EPA の健康貢献

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA は、多価不飽和脂肪酸でイワシやサバなどの青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸の一つです。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準 2010 年版」で、EPA + DHA を 1 日に 1 g 以上摂取するよう推奨しています。EPA は魚や海獣を常食とするイヌイットで、脂肪摂取量が多いにもかかわらず血栓症や心疾患が少ないことから注目された成分で、血液をサラサラにして血行を良くし、高脂血症を改善し虚血性心疾患を予防する働きが有ります。
ナンノクロロプシス粉末は EPA を 3.5 %以上含有しています。

多価不飽和脂肪酸 ω 3 系のエイコサペンタエン酸 EPA(20:5 n-3)